I型コラーゲンの解説

ホーム>I型コラーゲン

I型コラーゲン

I型コラーゲン

I型コラーゲンとは?

コラーゲンの中には区分があり、その中のひとつがI型コラーゲンとなります。I型コラーゲンはからだの中に非常に多く含まれているコラーゲンで、特に皮膚の90%はこのI型コラーゲンから作られているとされています。そのため、美肌効果や美白効果などを目的として作られているコラーゲンのほとんどはこのI型コラーゲンから作られています。このI型コラーゲンは、からだの中や皮膚にも多く含まれていますが、年齢が増すと共に現象していきます。そのため、I型コラーゲンを摂取することで、アンチエイジング効果も得られるとされています。美容目的に限らず、いつまでも若さを維持したいという人にもお勧めしたコラーゲンです。
線維性のコラーゲンで、体の中に最も多く存在してます。Ⅰ型は、皮膚や筋肉、腱、骨などに多く含まれます。特に骨に含まれていているものは、骨の弾力性を保持するための役割があります。さらに、肌の真皮にも多く含まれ、肌の強さを生み出しています。
体のほとんどの部分に存在するので、単純に『コラーゲン』と言った場合、このⅠ型コラーゲンを指すことが多くなります。
お肌のハリを保っているのもⅠ型コラーゲン。Ⅰ型コラーゲンは弾力のあるネットのようなもので、これがしっかりとした状態で弾力を持っていると、肌に十分な水分が保持され、若々しい肌になります。
Ⅰ型コラーゲンは、化粧品、美容サプリなどに多く利用されています。

Ⅱ型コラーゲンとは?

Ⅱ型コラーゲンは、関節にある軟骨に多く含まれているコラーゲンであり、Ⅱ型コラーゲンを多く摂取することで関節を強くすることができるとされています。人間のからだは16%がたんぱく質から作られ、残りの30から40%がコラーゲンだとされています。さらに、コラーゲンは皮膚の70%、骨の25%にも含まれています。Ⅱ型コラーゲンは血管や血液、眼球、腱、筋肉にも多く含まれています。Ⅱ型コラーゲンは、美肌、美髪、健康な目、丈夫な骨や関節には不可欠だといえる成分だといえるでしょう。さらにⅡ型コラーゲンには、カルシウムが骨に吸着する助けもしてくれます。
線維性コラーゲンで、軟骨に多く含まれています。眼球の硝子体液の成分にもⅡ型が含まれます。
こちらも数多くの健康食品などにも利用されています。
特に関節の軟骨を補うような健康食品に使われています。
Ⅱ型コラーゲンは軟骨特有のコラーゲンであり、これが不足すると、関節痛などの痛みが出るようになります。

Ⅱ型コラーゲンとは?

Ⅱ型コラーゲンは、特にアンチエイジングに効果があるとされているコラーゲンです。Ⅱ型コラーゲンはI型コラーゲンにも似ていますが、線維性コラーゲンになります。Ⅱ型コラーゲンは、細毛線維という細い網目状に作られており、細胞などの土台となっています。Ⅱ型コラーゲンの最も大きな効果にはお肌の水分を維持するところにあります。そのため、Ⅱ型コラーゲンを多く摂取することでお肌に充分な水分が与えられ、お肌に潤いと弾力を与えて健康な肌を作ります。ハリがなくシワの多い皮膚にはⅡ型コラーゲンを摂取してお肌の水分を適度な状態に維持することでお肌の悩みの改善をもたらします。Ⅱ型コラーゲンも加齢によって減少するため、積極的に摂取することでいつまでも若さを維持するアンチエイジング効果を得ることができるでしょう。
Ⅲ型コラーゲンは、Ⅰ型コラーゲンと共存してあることが多く、Ⅰ型コラーゲンが肌の弾力を作ったり、水分を保持するのを助ける働きがあります。
赤ちゃんの肌に多く含まれていて、「ベビーコラーゲン」とも呼ばれてるコラーゲン。
肌のハリにはにとても重要なコラーゲンで、もともと人間の体の中で生成されるのですが、20代前半をピークに急激に減少していきます。これが「お肌の曲がり角」とも呼ばれており、20代半ばから肌が老化していく原因のひとつとなっています。


スポンサード リンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional